イタチの捕獲のスペシャリスト~凶暴な獣害への対策方法~

イタチがもたらす実害

室内

イタチは日本の害獣駆除の中でも、その依頼件数が多い種類の動物になります。可愛らしい見た目に騙されて、素人が捕獲をしようとすると牙をむかれ怪我をすることもあります。ですがイタチをそのまま放置してしまうと様々な実害を被ることになります。コチラではイタチが引き起こす様々な被害の内容を紹介します。これらを参考にして、被害を最小限に留める対策を取りましょう。

イタチは屋根裏や床下にすんなりと侵入し住み着きます。そして繁殖能力の高いイタチは、その数をすぐに何倍にも増やしてしまいます。繁殖時には屋根裏の断熱材がイタチの巣になりやすいと言われています。また屋根裏に住み着いた際の被害の1つに排泄物の被害があります。イタチの糞や尿というのは非常に異臭を放ちます。その雑食性という性質上、肉類も食べるイタチの糞は不快感が強いニオイをするのが特徴です。また尿に関しては建築資材の劣化を早めてしまう可能性もあり、早急な対策が必要になるのです。

野生のイタチには多くの菌やダニ、ノミが寄生しています。ダニやノミは次第に家屋に侵入、増殖を繰り返し、やがては住人に影響を与えます。ダニやノミに刺されてしまうと数週間もの間痒みや痛みに襲われてしまうのです。またダニやノミの死骸というのがアトピー性皮膚炎や喘息症状を引き起こす大きな要因にもなるため、小さなお子様がいる家庭の場合はより注意しましょう。これらの被害を解決する方法として効果的なのは、イタチを捕獲して、しっかりと駆除を行なうことが大切なのです。イタチの捕獲や駆除を自分で行なうのが難しい場合は、捕獲専門業者に依頼しましょう。